be動詞(am,is,are)の使い方

 

今回は、

 

be動詞(am,is,are)の使い分けについて、

一緒に勉強していきましょう!

 

 

am

 

これはめちゃくちゃ簡単です。

amは、主語が「I」の時にしか使えません。

 

例)

・I am a student.
(私は学生です。)

・I am so happy.
(私はとても嬉しいです。)

 

 

isとareの違い

 

結論から言うと、

 

・主語が単数のときは、「is」

・主語が複数のときは、「are」

 

になります!

 

例)

・They are students.
(彼らは生徒です。)

・He is kind.
(彼は親切です。)

・We are friends.
(私たちは友達です。)

・This is my book.
(これは私の本です。)

・These are cookies.
(これらはクッキーです。)

 

 

 

まとめ

 

簡単そうなbe動詞ですが、

意外とルールがあるんですね、、。

もし、もっと聞きたいことがあったり、

もっと学びたいと思ってくれたら、

下の公式LINEやホームページのお問い合わせフォームで

質問してみてください

誰でも無料で相談できるので、

気軽にメッセージを送ってください🍀